2015年07月28日09時52分

体験学習 石見神楽と石州和紙

第5回石見の舞い「神降臨祭」の関連イベントとして開催した「体験学習 石見神楽と石州和紙」の様子を紹介します。
島根県西部を代表する伝統芸能と工芸品の魅力を小学生の皆さんに体験してもらおうと神降臨祭実行委員会が、全日本社会貢献団体機構の助成を受けて企画・実施しました。

ポーズ

「なり切ってポーズ」 石見神楽の衣装を身に着け、舞い手になったつもりでポーズ

学ぶ

「伝統を学ぶ」 石見神楽面制作者の柿田勝郎さん(左)から、神楽面と石州和紙の密接なかかわりを学んだ

慎重に作業

「慎重に作業」 すき舟の中で混ざったコウゾの繊維と水を桁で慎重にすくい上げる。

全日本社会貢献団体機構ホームページ

ホームページはこちらから


▲このページのTOPへ