2017年10月17日22時04分

「天空の駅」三江線・宇都井駅。

きょうは、営業のために島根県西部の川本町と美郷町を訪ねました。
本年度で廃止となる、JR三江(さんこう)線沿線の町です。
そしてきょうの目的地から少し走ったところに、隣接する邑南町の
「宇都井駅」があることに気が付きました。

皆さんはこの三江線の「宇都井(うづい)駅」をご存知でしょうか?
「天空の駅」と呼ばれるこの駅、実は初めて訪れました。
かなり狭い道を車を走らせると突然、それが視界に入ってきたのです!

高さ20メートルの鉄橋。橋の中央にはひときわ太い橋脚(?)が。
なぜ天空なのか? 実は、その橋脚の上に駅舎があるのです。
もちろん、エレベーターというような気の利いた設備はあるはずもなく。。。
利用者は100段以上の階段を昇り降りするのだとか。
地上高20メートルからの田園の眺めは、また格別でしょうね。
時間の都合で上までは行きませんでしたが、なんともすごい建造物が
このような場所にあるとは、驚きました。

宇都井駅では、「INAKAイルミ2017」というイベントが
11月25(土),26日(日)に開催されるそうです。
午後4時から8時半まで、橋脚をライトアップして幻想的な風景が楽しめます。
三江線は来年3月で廃線となるため、最後のイベントとなるようです。
詳しくは、INAKAイルミで検索を。
フォトジェニックな見どころ満載のイベント間違いなしです。


2017年09月04日21時51分

「没後20年 星野道夫の旅Selection」写真展、好評開催中!

江津市桜江町川戸の今井美術館で「没後20年 星野道夫の旅Selection」が、8月26日(土)から始まりました。

アラスカの自然と動物をこよなく愛し、壮大な世界を描写した写真家・星野道夫氏。1996年8月に、ロシア・カムチャツカ半島クリル湖畔で番組取材同行中にヒグマに襲われ、43歳の生涯を閉じられました。

写真展では、アラスカの大自然、極寒の世界に生きる動物たち、生活する人々の様子を、迫力と温かい目線で追った約170点が展示されています。

中国地方では初巡回となる展覧会です。9月24日(日)まで好評開催中。
皆さんぜひ足を運んで、星野道夫氏の写真とメッセージをごらんください。

ホッキョクグマのかわいらしい姿が写されたクリアファイルや、写真はがきなどのグッズも好評です。
会期中のみ販売。ぜひ今井美術館へ足を運んでみて下さい。


2017年05月12日22時07分

今井美術館で「再興院展」始まりました。


現代日本画の精粋を集めた「再興第101回院展」が、江津市桜江町川戸の今井美術館で、5月12日開幕しました。
日本画壇を代表する画家の方々の最新作品66点が展示されています。
本日は朝10時から開幕式がありましたので、行ってまいりました。
日本美術院の同人で、島根県出身の宮廻正明先生をはじめ作家の方々が3人もご列席。
テープカットのときには、江津市のゆるキャラ「人麻呂くん」と「よさみ姫」も壇上で華を添えました。

きょうは時間があまりなかったので、後日、またゆっくりと作品を鑑賞しに会場に足を運ぶ予定です。

なお、山陰中央新報の紙面では、5月9日付けから連続で、院展作品の見どころを紹介しています。
来場前にぜひお読みいただくと、より深い作品観賞が出来ますのでオススメですヨ。


2016年10月04日09時51分

棟方志功展に行きました

m1
江津市桜江町の今井美術館で棟方志功展が10月16日まで開かれています。会場に入って正面に展示されている代表作「二菩薩釈迦十大弟子」は圧巻。また、2階に展示されている自画像はほほ笑ましくもあります。「日本のゴッホになる」とひたむきに創作に打ち込む棟方志功の情熱、息遣いが作品からひしひしと伝わってきます。


2016年08月04日10時46分

8月6日は石州浜っ子夏まつり♪

間近に見上げる花火は迫力満点!

浜っ子夏まつり1

 

屋台が約150ほど並ぶまつり会場は誰でも気軽に参加できる雰囲気が特徴で、広島などの県外客も多く訪れます。見どころのひとつである打上げ花火は、連発、スターマインなどを中心に約5000発!!
打上げポイントも観覧席から近く、花火の見た目の大きさ、体に響く音は豪快です。ぜひ体感してください!

 

2016石州浜っ子夏まつり

8月6日(土)16:30~22:00(※花火大会は20:30~21:15)
<会場>浜田漁港一帯(浜田市原井町)
<お問い合わせ先>
一般社団法人浜田市観光協会
島根県浜田市浅井町777-19 TEL0855-24-1085
詳しくは、はまナビをチェックhttp://www.kankou-hamada.org/


2016年07月29日10時32分

夏休み親子キャンプ体験教室 参加者募集中です!

キャンプ教室

 

アウトドアでもキレイ

な万葉公園でキャンプ体験しませんか。

ベテランスタッフが指導しますので、初心者でも、お母さんと子ども二人でも安心。じっくり基礎から学べます。夏休みの思い出づくりにぜひ参加してみませんか。

 

◆日時:2016年8月20日(土)~21日(日)一泊二日(少雨決行)14時集合

◆場所:島根県益田市高津町イ2402-1 島根県立万葉公園

◆内容:テント張り、火起こし、アウトドアクッキング、ボート遊び他

◆募集人数:小学生と保護者 20組(40名)

◆参加料:親子1組10,000円(キャンプ場利用料金、食材、保険料込)

子ども一人追加につき3,000円

◆申込締切:定員になり次第申込受付を終了します。

◆申込方法:TEL、FAXにて受付いたします。

氏名、年齢、電話番号を明記の上、下記まで応募ください。

島根県立万葉公園 http://ohata.jp/manyou/

TEL0856-22-2133 FAX0856-22-2166

 

※お申込みの際にいただいた個人情報は、本イベントの実施以外での目的で使用することはありません。

 

 

 


2016年06月27日18時21分

相田みつを展が開幕

 書家で詩人の相田みつをの作品は、飾らない言葉と独特な書で多くの人に感動を与え続けています。生誕90年を記念した「相田みつを展」が6月25日、江津市桜江町の今井美術館で開幕しました。
 前日の激しい雨が嘘のように上がったこの日は、多くの人が開館を待ちかねていました。
 20歳の時に書いた古典の楷書や絶筆の書など貴重な作品約70点が展示されています。
 美術館隣の今井産業本社1階では、人気の相田みつをオリジナルグッズが販売されています。お早目にお買い求めください。
7月24日まで開催されます。
相田みつを展

今井B

花はただA


2016年06月03日09時56分

6月4,5日は旭温泉まつりです!

6月4,5日に浜田市旭町の旭温泉で今年も旭温泉まつりが開催されます。
前夜祭、当日祭ともに神楽を中心としたステージイベントが盛りだくさん!
5日はあさひ荘の入浴が、半額なので気軽に温泉に入れます!
あさひ荘別館の「温泉卓球大会」も気になります!
ぜひ、この機会に旭温泉に遊びに行きませんか♪


<★旭温泉まつりの情報はこちら★>

 

<★旭温泉 あさひ荘、しろつの荘、ホテル川隅、かくれの里ゆかりの情報はこちら★>

 


2016年05月13日13時09分

始まりました。再興第100回 院展

 今年もきょう5月13日、江津市桜江町の今井美術館で「再興第100回院展」が始まりました。5月29日まで。再興院展は今回が記念すべき第100回目、今井美術館での開催も第10回目という区切りの良い展示です。
院展1

 そう思うと作品もどことなく迫力が感じられると思うのは、私だけでしょうか。
院展2

今井美術館では作品展示だけでなく、地域の皆さんが協力しての物産の販売や、日本庭園がある今井産業応接室を開放しての喫茶店も魅力です。
院展3

日本最高峰の日本画を観た後、天気の良いこの季節は、美しい庭や山々の風景を見ながらの抹茶をいただくのも、最高です。
院展4


2016年04月11日18時29分

再興第100回院展を開催

島根県江津市桜江町の今井美術館で、国内屈指の美術展の再興第100回院展が開かれます。同美術館での開催は10回目。松江市出身の宮廻正明氏ら日本美術院同人34人をはじめ、招待作家、入賞者の作品計68点を展示。同美術館周辺では地元特産品などの販売や喫茶コーナーなども設けられます。

◇会期 5月13日(金)~5月29日(日)午前10時~午後4時(期間中無休)
 ◇会場 今井美術館(江津市桜江町472-1)
 ◇入場料 前売り券(一般のみ)1,000円(当日1,200円)。大学・高校生以下は無料
◇問い合わせ 今井美術館=電話0855(92)1839、山陰中央新報西部本社=電話0855(22)0109(平日午前9時半~午後5時)
 主催 日本美術院、今井美術館、山陰中央新報社
 共催 江津市、江津市教育委員会

写真は「菊花」那波多目功一


▲このページのTOPへ