2018年10月18日18時30分

酔いどれ日記 番外編

「酒祭り・・・」 酒飲み(漢)ならば誰もがいつぞやは参戦しなければならない一大イベントです。この辺では広島は西条の酒祭りが有名ですが、この度は山口県 湯田温泉酒まつりに参戦してまいりました。

山口県下21の酒蔵と隣接津和野町の3つの酒蔵、総勢24の酒蔵が参加し、酒飲み(漢)の祭りが始まりました。まずは名の知れた酒をと“獺祭”、“雁木”、“東洋美人”、“貴”を「グイッ」っと。チェイサーがないと酔っぱらうので、ミネラルウォーターも飲みながらです。

酒の肴も客に「うまい」と言わすがためにメニュー豊富で、飲食店が儲けるために必死に売り込んでいます。くじらの竜田揚げも食べましたが、やわらかくて美味しかった。写真の海老も風味豊かでした。約半数の蔵の酒を試飲し、酔っぱらったので、ちょいと休憩をと足湯や温泉に入りましたが、それがきいたのか、酔いが回ってノックアウト。ただ、イベントは大盛況でこんなにも盛り上げるとは思ってませんでした。また、県外のお客さんも多く、我々同様に浜田からJRで向かった人たちも結構いました。石見で開催する何かのイベントの参考になるかもです。

追伸・・・私は真の漢にはなれませんでした。いいわけがましいですが、行きの列車で缶ビールとチューハイの飲んだのがまずかったのか。。(LL)


▲このページのTOPへ