2018年07月02日21時31分

7月8日、戦場カメラマン・渡部陽一氏が今井美術館に来られます!


江津市桜江町の今井美術館で、「戦場カメラマン 渡部陽一写真展」が、7月22日(日)まで好評開催中です。

 

7月8日(日)は、開幕日に続いて渡部陽一氏ご本人が来場され、講演会が開かれます。聴講は無料ですが、整理券が必要。整理券は午前11時から今井美術館の受付で配布されます。先着300名様。午後1時半から、同氏の講演会が行われます。

 

今井美術館のHPはこちら

 

実は6月24日の開幕日にもご本人が来場されました。独特の語り口で有名な渡部陽一氏ですが、当日の会場でも「戦場カメラマンの渡部陽一です」と挨拶されましたら、会場が湧いたのは言うまでもありません。

 

とても物腰の柔らかい方でした。サイン会にも沢山の方が集まって、写真集にサインを書いておられたり、赤ちゃん連れの若いお母さんと一緒に写真撮影に応じられたり、とサービス精神旺盛というか、とてもいい方でしたね。

 

その優しさには、戦場カメラマンとして現地を取材された体験があるのだと思います。極限状態の中で生活する一般市民、家族や子どもたちの姿をカメラで追い求めて、「戦争の一番の犠牲者は子どもたち」という現実を伝えておられる渡部氏の、平和への願いがあるのではないでしょうか。

 

7月8日は、ぜひ渡部陽一氏の「世界からのメッセージ 命と愛と絆」講演会にぜひお越しください。そして、現地の方と寝食を共にしたからこそ撮影することができた貴重な写真をご覧ください。(写真展は一般当日1,000円。学生、18歳未満の方は無料です)

 


▲このページのTOPへ