2018年09月18日18時14分

三江線・・・・・

三江線が廃線になって早6ケ月・・・。レールは錆びて茶色くなり、本来草などなかった場所であるはずの線路上まで草が伸び支配しています。

有ったものが無くなるというのは寂しいもので、まるで最初から無かったかのような感じすらし、なんだか哀愁を感じます。

これから先、鉄道遺産として再びスポットライトがあたる日が来るかもしれません。

 

ここで一句。

「夏草や兵どもが夢の跡」・・・芭蕉が降臨しました・・・。(Ys)

 


バイキングにハマる

3連休の中日、『いわみりびえ~る』に載っていた野菜バイキング「よねくら」を目指して邑南町へ。時間があったので道の駅 瑞穂にも寄りました。10時で駐車場は満車、第2駐車場も半分くらい埋まってました。

道の駅 瑞穂・野菜売り場

写真は野菜売り場ですが、これでピーク時の1/3くらいです。人をかき分け“しいたけ”や“パプリカ”、“もろへいや”等を購入し、いざ「よねくら」へ。

 

築60年くらいの古民家を再生し、座敷とテーブル席があります。もちろんお腹が閊えないテーブル席をチョイス。

野菜バイキングなので、昔祖母が作ってくれたような煮物や酢の物、漬物ばかりかと思いきや、天ぷら、鳥唐、ローストポーク等も並んでいて一安心。さんクラカードを使用してぶどうジュースもいただきました。お椀は味噌汁ではなくミネストローネで野菜たっぷり。デザートの番茶プリン(あんこのせ)までしっかり堪能しました。メニューも日替わりみたいで楽しみです。トマトがおいしいなーと思い外をみると店主さんが畑で食べごろを摘んでました。大量には作れない手づくりの素材・料理の味に満足♪

 

追伸・・・唐揚げとかローストポークとか心の声が「美味しいよー、もっと食べたいよー!」と叫んでましたが、すたっフ~さんが見ていたので、お上品にいただきました。(LL)

 


2018年09月11日11時22分

浜田の酔いどれ日記

8月にオープンした寿しゆう。大将に聞かなかったけど「回らないけど、安くてうまい」がコンセプトかと。

 

にぎりのメニュー一覧

店内は清潔感を感じさせるためか、明るくしてあります。

最初にビールと刺身の5点盛り、さんま刺身、アナゴの白焼、トロタク(トロ、たくあんの巻物)を注文。

日本酒×2、酎ハイで酔ってしまい、その後に頼んだ、たまご・剣先イカ・ホウボウ(にぎり)、鮟肝ポン酢の写真は撮り忘れました。ファミリーが2組いたり、カウンターも広島の方等で賑わってました。浜田ではあまり食べることができない魚介類、酒もありどれも「うまし!!」でした。こういう店は長く続いてほしいもんですね。

 

追伸…夜の浜田も寂しくなったもので2軒目を探すのにプチ徘徊。ギャルの店はあきらめ、かつてのスーパーかわい子ちゃんの店に突撃したのは内緒です。(LL)


生活の中のスポーツ自転車vol.1

<平成30年8月12日 いわみりびえーる掲載>

サイクルセンターまつしまpresents「生活の中のスポーツ自転車」

スポーツ自転車は軽いんです!車に乗せるのもラクラク♪ 私はあまり自転車に乗らないので、実はベランダで大切に保管しています。3階に住んでいるのですが、階段でも楽に運べます。大切に保管していないで、少しは乗らなくちゃと反省…。秋はまつしまサイクリングに参加しようと思い、久々に自転車を点検に出しました。(島)

 


2018年09月10日17時26分

一万本の万葉竹灯篭を見に行ってきました

今年で7回目の「万葉竹灯篭」が8月11日、県立万葉公園で開催されました。今回は過去最高の一万本にスケールアップされ見応えのあるものでした。竹灯篭の制作には約250人のボランティアの人が携わったとのことです。

平成30年9月9日付のいわみりびえ~るで、万葉竹灯篭の様子をご紹介しました。来年も楽しみにしています。

また、万葉公園のまほろばの園では、今月9月22日(土)17時~21時「観月会」が開催されます。万葉公園ならではのお茶会です。フルート演奏を聴きながらゆっくりとした時間が過ごせますのでぜひお出かけください。


2018年09月03日11時06分

遊遊記~石見にあって、都会にないもの・・・~

先日、平成最後の『夏の終わり』を楽しむべく、海水浴(ほぼ行水 (σ´・ω・)σ)やバーベキューをしました。波が穏やかだったせいもあり、SUP(スタンドアップパドルボード)教室も行われていました。ブームだとは聞いていましたが、実際の教室を見たのは初めてで「浜田の海で生活する会」さんが受講生に親切丁寧に教えてました。 SUPイメージ画像

すでに『秋』は始まっているわけで、釣りのハイシーズン突入ですし、トレッキングなどアウトドアスポーツが盛りだくさんです!!

★都会には無い大自然(価値は天文学的数値=プライスレス)とうまく調和して地域振興・定住促進につなげることがこれからは求められます。都会と同じ価値観で背比べしたらアウトだと思いますよ。

 

追伸:写真の犬はSUPの先生ではありません。(LL)


2018年08月31日11時44分

貝殻見つけた!~ゆうひパーク三隅~

ゆうひパーク三隅の売店で貝殻を見つけました!

なんとなく、ほっと心が癒されます。

売店では特産品をはじめ、地元の野菜や手作り作品を販売しています。

シャツの形のティッシュカバーやリース用松笠が気になりました。

ゆうひパーク三隅は山陰線の撮影ポイントとして有名で、8月29日から始まったJR貨物の迂回運行では、県内外から多くの写真愛好家が集まったそうです。瑞風も楽しめ、次の通過予定は9月9日1時10分頃です。特製いかめしをほおばりながら、景色を楽しむのもおすすめです。秋は、西条柿の販売が楽しみです♪ ゆうひパーク三隅は、ゆったりとした時間を楽しめます♪(島)


2018年08月27日17時43分

今井美術館で「宮廻正明展~無極~」が開幕!

8月25日(土)から、江津市桜江町川戸の「今井美術館」にて「東京藝術大学退任記念 宮廻正明展~無極~」が開幕しました。

宮廻正明氏は、松江市出身で現代日本画壇を代表する画家です。日本美術院の同人で、東京藝術大学名誉教授。毎年春に今井美術館で開催される「再興院展」にも開幕日に来館され、いつも楽しいギャラリートークを聞かせてくださいます。

 

また宮廻正明氏は、昨日まで松江市の県立美術館で開催されていた「クローン文化財展」の技術を開発し、特許を取得された方でもあります。

 

今年3月に東京藝術大学の退任記念となる今回の個展開催ですが、初期から近作まで大型作品を中心に約30点を展示。1階の展示室に入ると、その大作の数々に圧倒されました。

中には、地元・江の川の川魚漁師さんがモデルとなった作品もあり、石見を大切にされている宮廻氏の作品の原点に触れるようでした。

9月24日(月)まで開催中。入館料大人1,000円。

今井美術館のHP https://www.imai-art.jp/

 

江の川の景色をはじめとした石見路をドライブがてら楽しみながら、美術の世界に触れてみてはいかがでしょうか。(T)

※館内写真は、今井美術館の許可を得ております。

 


2018年08月20日15時01分

応募ありがとうございました。

 

6/30・7/14・7/28掲載

 

石見ブランド倶楽部特産品特集をご覧になられ、

多くの方々からプレセント応募していただき、ありがとうございました。

石見地区の様々な、特産品を掲載し、興味を持たれた方々も多くおられたと思います。

今後も、継続し掲載したいと思っています。

次回掲載は、冬季11月頃の予定です。

是非、次回掲載を楽しみにお待ちください。k

 


2018年08月16日17時33分

今回も雨です

           またまた雨です。私の担当の番になると雨なの?久しぶりに朝から雨が降っています。

どのくらい久しぶりかと言うと前回の私の番が7月6日(大雨の時です)なので1か月と10日ぶりになります。昨日までずっと晴れでした。まとまった雨は降っていません。

それなのに水不足だと言う話は聞かないので、前回の大雨で蓄えられたのかなと思いますが定かでなく、毎年こんなんだったかなとも思ったり。

毎日が暑かったので、少しは涼しくなってくれるかと思いましたが変わらず暑いです。やっぱり、暑くて晴れの日が夏らしくていいや。

 

写真は単なる空の写真ですが雲に覆われるのは実に1か月と10日ぶり。


▲このページのTOPへ