2019年07月17日10時26分

大人気!2分の1成人式を撮ろう!

<令和元年7月14日 いわみりびえーる掲載>

ここ数年で、大きな盛り上がりを見せている「2分の1成人式」。子どもらしさを残しつつも、ときおり大人っぽい表情が見え隠れする繊細な10歳の、今、このときしかない一瞬を写すのが人気だと聞き、スタジオアニー(浜田市相生町)でステキな写真を見せてもらいました。家では、撮影を敬遠しがちなお子さんも、プロのアドバイスにより、自然で最高の表情が1枚に凝縮されています。


2019年07月09日16時39分

手軽に野菜♪甘酢漬け

浜田産のフルーツを使った手作りジャムのお店「フルーツジャムパレット」

キュウリやニンジン、たまねぎ、トマトなどいろいろな甘酢漬けを見つけました。これからの暑い季節にぴったり! キュウリをそのままお弁当のすき間に入れたり、トマトの甘酢漬けはレタスと一緒にサラダにして、さっぱりおいしくいただけます。なにより、色がとってもキレイ♪ トマトジャムもありました。リコピンたっぷりのトマトは抗酸化作用も期待できるとか・・・
いつもの食卓に彩りを与えてくれます。(島)


2019年07月04日17時39分

ラベンダーが満開です!

邑南町の香木の森公園ではラベンダーが満開です!
香木の森に足を踏み入れた途端に、ラベンダーの香りがいっぱい。どこにラベンダーがあるんだろうと思いながら歩いていると、ありました!!

7月20日ごろまでは満開のラベンダーを楽しめるそうです。

7月下旬までは、ラベンダー摘み採り体験も開催中!

ラベンダーティーをはじめ、部屋に吊るして蚊やハエの虫除けもできるようです。私は、もちろん

ミューイの本日のソフト「ラベンダーソフト」をいただきました♪

香木の森公園で、いろいろなラベンダーを楽しみました。(島)


2019年06月12日17時31分

ひんやりスイーツ~石見~

<令和元年6月9日りびえ~る掲載>

石見のひんやりスイーツをご紹介します!

 

宇治抹茶フラッペ 500円

夏季限定のフラッペが登場!シャリシャリのかき氷に中村茶舗の抹茶ソースをかけました。当店人気№1の牧場ミルクジェラートとあずきをのせて、ボリュームたっぷり。練乳はお好みでどうぞ。この他、イチゴフラッペとブルーベリーフラッペがあります。

楓ジェラート

住所:浜田市三隅町向野田721-7

電話:0855-32-5200

営業:平日/11:00~18:00、土日祝/10:00~17:00

定休:不定休

 

ソフトクリーム ふぐの骨せんべい付き 360円

ふぐの香ばしい香りが特徴の「ふぐの骨せんべい」を、高級ホテルでも使われている最高品質の濃厚なバニラ味のソフトクリームにセットしたオリジナルソフトです。

和田珍味本店

住所:大田市五十猛町1550-1

電話:0854-87-0611

営業:9:00~18:00、定休:不定休

 

「本日のソフト」~香木の森手づみラベンダーソフト~ 450円

全国各地のソフトクリーム原液を作るミューイが数量限定で「本日のソフト」をスタート。定番で人気№1の自然放牧ソフトに加えて、香木の森ハーブや、自家焙煎カカオ、地元果物などを使用した「ココでしか味わえないソフト」をお楽しみいただけます。

Milk & Beans Muiミューイ

住所:邑智郡邑南町矢上3119-3
電話:0855-95-0118
営業:10:30~18:00、定休:不定休

 

レインボーパフェ 480円

かき氷はブルーハワイ、メロン、イチゴの3種類!新鮮な島根県産高原牛乳を使用したソフトクリームの上に、瞬間冷凍技術のつぶつぶアイス「ディッピンドッツアイスクリーム」がアクセント。新商品シロイルカ・ラテも可愛く冷たく、大好評!

ドリンクハウス

住所:江津市波子町ロ451-6(アクアス隣接れすとらん異瑠香)

電話:0855-28-1122
営業:10:00~17:00
定休:夏期は火曜日(祝日の場合は営業し、翌日休業)、夏期以外は不定休

 

生乳ソフトクリーム 350円

地元「クボタ牛乳」とコラボしたサッパリとしたミルク感あふれる味わいが魅力。注文して出てくるのは”ドーン”と大きなソフトクリームだが、しつこくないのでペロッと食べてしまいそう。甘すぎないから女性にも大好評でリピーターも続出♪

めん処ゆうひ亭

住所:浜田市原井町1203-1 道の駅ゆうひパーク浜田内
電話:0855-23-8005
営業:8:00~19:00、定休:不定休


2019年04月10日16時47分

今井美術館で院展開催中です!

江津市桜江町の今井美術館で、「再興第103回院展」を21日(日)まで開催しています。日本美術院同人ら現代日本画壇を代表する作家の大作66点を展示。会場にはカフェや地元団体が軽食など販売するコーナーも登場し、作品鑑賞と合わせて楽しめます。

いわみりびえ~る 2019年3月24日掲載

道の駅サンピコごうつ、桜江そば一心、いのしし加工販売センター 榎木の郷では、院展チケットを提示すると、とってもお得な特典あり!

ぜひ今井美術館で院展鑑賞したあとは、周辺施設もお楽しみください♪

 

 


2018年12月26日17時27分

浜田市世界こども美術館は年始も楽しめます♪

浜田市世界こども美術館では、1月14日まで廃材アート展を開催中。ダンボール、金属廃品、古着に着想した作品が楽しめます。

新年は2日から開館。

石見神楽公演(1月2日・3日 午後2時~4時 会場:3階多目的ホール)や、ホリデー創作活動など盛りだくさん♪

廃材からくりおもちゃや、廃材でかざる羽子板づくりなど、家族でお正月を楽しめそうです♪(s)


2018年12月03日22時46分

グラントワで「追悼水木しげる ゲゲゲの人生展」始まる

先日(11月30日)、益田市の島根県立石見美術館(グラントワ内)で
「追悼水木しげる ゲゲゲの人生展」の内覧会が行われ、参加させていただきました。

水木しげる氏といえば、ゲゲゲの鬼太郎の作者として大変有名ですね。
なんとこの日は、同氏の命日だったそうで、なんとも不思議なご縁でした。

 

水木しげる氏の幼少時代の天才と言われた作品から、自らの戦争体験を描いた作品、そして極貧時代を過ごした時の作品、超有名な代表作「ゲゲゲの鬼太郎」へと展示作品はつながっていきます。

鳥取県境港市には「水木しげる記念館」ができていますが、そちらとは少し趣きの異なる展示で、見ごたえのある作品展です。

中四国地方では、ここグラントワだけの開催。石見地方の皆さんはもちろん、多くの方に観ていただきたいと思いました。

来年1月28日まで。ご家族、友人と一緒に是非どうぞ。


2018年11月28日18時30分

遊遊記~晩秋の山口は徳佐のりんご狩り~

毎年、いや2年に1回程度のりんご狩り。徳佐のりんご園はどこも入場料が大人1人430円、持ち帰りが650円/kgで共通なので、お気に入りのりんご園を見つけるもよし、毎回違うりんご園を訪れるもよしです。この時期はりんごの種類は「富士」が残っていて、密が入りきる頃。木によって密の入りが違うらしく、りんごの下側が黄色がかっているのが美味しいよ~とのこと。

 

晴天に映える赤いりんご

持って帰るりんごを選びながら、味見(園内は無料)を続け両親と私で5、6個も食べてしまいました。梨の方が好きな自分も徳佐のりんごは1個はぺろり。店で買うりんごの方が安いのですが、たまには本当の美味しさが分かる観光農園もいかがですか。

帰りには津和野温泉なごみの里に寄りましたが、9号線から下りる道ができていて、すごく便利になってました。

 

追伸・・・ランチをレストラン「ランド」で食しましたが、味付け濃い目でなかなか美味でした。お客さんもどんどん来てあっという間に満席状態。りんごでお腹一杯のおかんのチキンカツとごはんを半分ずつ食べちゃって食いしん坊でごめんなさい。。。(LL)

 

 


2018年11月07日12時12分

冬季特産品特集 11月3日掲載!

夏季掲載につづき、冬季特産品の掲載をはじめました。

石見地区の、特産品をご紹介!

石見地区には、美味しいもの沢山あります。

これからの季節、温泉・観光の帰りのおみやげの参考に、

また、お歳暮の参考にしてみてはいかがですか。

合わせて、特産品のプレゼント応募を行っています。

石見地区の特産品を5種類用意しています。

ぜひ、多数の応募お待ちしています。(k)

◆応募締切 11月13日(火)まで


2018年10月30日18時59分

同居人

事務所でパソコンを打っていると、気配を感じます・・・。気配がする方を向いても何もいない・・・。見つけても動きが速すぎて目が追いつきません。ジャンプもします。赤くなくても「シャアか!」(わかる人にはわかります)と叫んでしまいます。その正体はハエトリグモです。巣を張らない種類で、その名の通りハエや蚊、ゴキブリなどを捕食するそうです。害虫ではなく益虫ですね。また、最近新たな同居人を見つけました。アシダカグモです。これも巣を張らない種類で、同じようにハエやゴキブリを捕食するそうです。このように頼もしい同居人に囲まれているので一人で仕事をしていても寂しくはありません。そろそろこの事務所にも招かれざる客(カメムシ)がやってくる季節なので追い返してくれないかな~。

 

※クモが苦手なかたもいらっしゃると思うので今回写真はありません。ネット等で調べてみてください。(Ys)


▲このページのTOPへ