2016年03月02日15時13分

第6回石見の舞い「神降臨祭」 4月10日開催

20160410_sinkourinnsai[1] 

第6回を数える「石見の舞い~神降臨祭(しんこうりんさい)」が4月10日、浜田市黒川町の石央文化ホールで開催されます。今回のテーマは「神楽の中の笑い」です。石見神楽といえば勇壮華麗な舞が有名ですが、方言丸出しの言い回しやユーモラスな動きで笑いを誘う「茶利(ちゃり)」も見どころの一つですよね。

 

今回はその「茶利」にスポットを当て大会を構成。地元・石見神楽亀山社中、両谷神楽社中のほか、広島からは大森神楽団が出演するなど、石見部と広島県の6社中(団)が、それぞれ自慢の舞と笑いを披露します。

 特別出演として邑南町のひょう助一座が登場します。

 

◇日時 4月10日(日)午前9時30分から(同8時30分開場)

 

◇会場 石央文化ホール(浜田市黒川町)

 

◇前売り入場料 大人1500円(当日2千円)、大学生以下1千円(同1500円)※未就学児は無料

 

◇問い合わせ 神降臨祭実行委員会事務局(山陰中央新報西部本社内)=電話0855(22)0109(平日午  前9時半~午後5時)

【演目と出演社中】(丸数字は出演順、演目などは変更になる場合があります)

 ①「八十神(やそがみ)」両谷神楽社中(浜田市)

 ②「羅生門(らしょうもん)」都神楽団(美郷町)

 ③「田植舞(たうえまい)」真砂神楽保存会(益田市)

 ④「瑞穂ひょっとこ踊り」ひょう助一座(邑南町)

 ⑤「黒塚(くろづか)」大都神楽団(江津市)

 ⑥「日本武尊(やまとたけるのみこと)」大森神楽団(広島)

 ⑦「五神(ごじん)」石見神楽亀山社中(浜田市)

 【プレイガイド】

 島根県民会館チケットコーナー(松江市)、大田市民会館(大田市)、グリーンモール、神楽の里 舞乃市、江津市総合市民センター(江津市)、ゆめタウン浜田、道の駅ゆうひパーク浜田、石央文化ホール、JR浜田駅市民サロン(浜田市)、島根県芸術文化センター「グラントワ」(益田市)、ブックセンタージャスト各店、山陰中央新報本社・西部本社・総局・支社・支局(一部を除く)、ローソンチケット電話0570(084)006、Lコード61351

【主催】

神降臨祭実行委員会(構成団体・岩多屋、石見ケーブルビジョン、いわみ福祉会、柏村印刷、しまね海洋館アクアス、JAしまね いわみ中央地区本部、日本海信用金庫、浜田市観光協会、浜田マルヰ、山陰中央新報社)


▲このページのTOPへ